《年齢別・経験年数別》看護師の転職活動のススメ

看護師の転職活動は、経験や年齢によって大切なポイントが異なってきます。当サイトでは年齢や経験年数に応じた求人探し・採用対策のポイントなどを紹介しています。

3年未満の看護師の転職は職場選びが難しい

看護師の場合、一つの一人前になるかどうかの目安になってくるのが3年です。3年以上実務経験を持っている看護師であれば、一通りの看護技術をマスターしていると考えられます。もしまだ3年以上経験していない若い看護師であれば、自分の経験はまだまだ浅いという認識を持って、転職活動を行っていく必要があります。

 

経験が少ないので、今までどのような経験を積んできたかでなかなかアピールするのは難しいです。むしろこれからの熱意やヤル気をアピールすることが大事です。特に3年未満の看護師の場合、先輩の看護師から教わることもいろいろとあるでしょう。そこで適応力や柔軟な所をアピールした方がいいです。

 

教わったことを片っ端から吸収していくような気構えを見せられれば、相手の印象もよくなるはずです。また指導してくれるようなベテランの看護師がたくさんいるような病院で仕事をした方が、キャリアアップの側面からもプラスに採用するでしょう。

1年目の看護師の転職が不利とは限らない

看護師になって1年目というとまだ1人前の看護師とは言い方のではないでしょうか?まだ看護技術に関してもすべてマスターできていない段階ではないでしょうか?たとえば急患が運ばれたとか患者の容体が急変した時にはなかなかうまく順応できないのではないでしょうか?

 

病院としてみれば、中途採用の場合にはなるべく即戦力になるような経験豊富な看護師を求める傾向があります。1年目の看護師の場合、即戦力としては期待できません。それなりの教育を施していかないといけないのでコストが気になるという所もあります。

 

1年目の看護師は経験のある看護師と比較すると、転職するに関して不利に働く可能性は高いです。しかし病院の中には慢性的に看護師不足の状況に陥っている所も多いです。そのような所だと1年目の新人看護師でもとりあえず確保したいという所もあります。1年目の看護師の場合、研修システムのしっかりとしている医療機関に転職することを検討してください。

第二新卒看護師の求人が狙い目

看護師の転職の傾向として、早い段階で離職してしまうということが挙げられます。中には1年目の新人看護師で、仕事がつらいなどの理由で転職を検討することがあります。1年目の看護師の場合、まだ半人前であるという認識を持つことが大事です。自分の中ではあらかたやり方についてわかっているつもりでもしっかりと身についていないことが多いので、いざ実際に動こうとしてもどうしたらいいかわからずパニックに陥ってしまうのです。

 

そこで1年目の看護師が転職するときには、教育システムのきちんと整っている所を探すべきです。一から看護師として勉強をし直すくらいの覚悟で転職する必要があると思ってください。その意味では、第二新卒の看護師を歓迎する求人を探してみることが重要です。

 

第二新卒であれば、通常即戦力にならない1年目の看護師でも積極的に受け入れています。また経験の少ない看護師のために、かなり教育プログラムも充実している所が多いです。

ベテラン看護師は安定した環境を好む傾向がある

新人看護師からベテラン看護師まで、いろいろな看護師で転職を希望する人が見られます。ところでベテラン看護師はどのような転職先を希望しているのでしょうか?ある看護師転職サイトがアンケートを取ったところ、より安定志向が強まっていることがわかります。

 

多いのは、年収のいい所です。ベテランの看護師になってくると、自分の仕事ぶりやスキルに対して多少なりとも自信を持っている人が多いです。このため、自分の実力をしっかりと評価してくれるような所に転職したいという願望を持つ人が多くなります。その典型的な例が産業看護師ですね。

 

ベテランになると結婚していて子供がいる、両親の面倒を見ているという人も多いので、生活費もかかります。このため、給料のいい所に転職したいと考える人も多いです。

 

その他にも、福利厚生のきちんとしている所に転職したいという願望を持っている人も少なくありません。安定した労働環境で、仕事に集中できるような職場がいいと考えるわけです。雇用条件が安定していい所を念頭に入れて転職活動をしているようです。

ベテラン看護師が転職有利とは限らない!?

3年以上、特に5年以上のキャリアを持っている看護師となると即戦力として活用できると考える病院も多くなります。そこで5年以上のベテラン看護師で転職しようと思っているのであれば、転職活動をしてみる価値はあります。ベテランの看護師の場合、自分の経験をしっかりとアピールすることが大事です。リーダーや主任の経験のある人はその部分もアピールしてください。

 

ただしリーダーや主任のアピールだけをしていると、逆に病院が不安に感じてしまうことがあります。というのも病院によって看護のやり方などが微妙に違ってくるからです。このため、「きちんとこちらの病院のやり方を尊重してくれるのだろうか?」という疑問を感じてしまうわけです。

 

そこで転職活動するときには、経験や管理経験のあることの他にも「こちらの病院の間ご方針を理解することに最初の内は努めたいと思っております」のような順応する姿勢を見せて、相手に安心感を与えるようにしてください。